« ^ »

PostgreSQLのクラウドベンダーのマネージドサービスまたはDockerイメージのサポート状況

2022/11/3 更新
約 2分 で読める

TL;DR

  • PostgreSQLのDockerイメージの提供状況とクラウドベンダーのマネージドサービスのサポート状況を確認した。
  • Docker Hubには各種バージョンのイメージが提供されていた。
  • マネージドサービスは14まで(14,13,12,11,10,9.6)をサポートしている所が多かった。
  • PostgreSQL 15はマネージドサービスではまだ使用できない。


PostgreSQLの各バージョンについて、Dockerイメージとクラウドのマネージドサービスがどの程度サポートしているかを確認する。

Dockerイメージ

Dockerイメージとしてどのバージョンが提供されているかを調べた。Docker hubでは古いバージョンから最新の15までを提供していた。

RepoAccount1514131211109.69.5
hub.docker.com_(Official)1oooooooo

マネージドサービス

主要クラウドベンダーが提供するマネージドのPostgreSQLを使用できるサービスについて、どのバージョンをサポートしているのかをまとめた。9.6から14までのバージョンを多くのプロダクトがサポートしていた。最新の15についてはサポートしているものはなかった。Azure Databaseについては若干古めのバージョンしかサポートしていなかった。AlloyDBについてはPostgreSQL 14互換とクラウドコンソール上に表示さている。この互換が完全に互換なのか、一部制限ありなのかについては分からなかった。互換があると言っても、どの程度互換があるかはモノや状況によって異なる2 。他のバージョンについてのAlloyDBの対応は分からなかった。

VendorProduct1514131211109.69.5
GoogleCloud SQL3xoooooox
GoogleAlloyDB?互換あり??????
AmazonRDS4xoooooox
AmazonAurora5xoooooox
MicrosoftAzure Database6xxxxooox

しむどん三度無視 により 2022/11/3 に投稿、2022/11/3 に最終更新
« ^ »