決算が終わり税理士の先生と打ち合せをした。「この売り上げを一人で5年以 上も維持しているのは凄い」とお褒めの言葉を頂いた。税務のプロからそのよ うなお言葉をいただいて、少し嬉しい気持になった。普段そういう機会はない からだ。もちろんこの結果は自分一人の力ではなく周囲のいろんな人や環境や 状況が、僕の行動を縛り監視し、そして支えてくれているから実現できたこと だと思う。

孤独で息苦しいと思うこともあるし、もっと自由になりたいと思うこともある。 人ともっと交流したいと思うこともあるし、人間的な欲求に流されてしまいそ うになることもある。自分自身はそれほど意思が強いわけではなく、どちらか と言えば弱く流されやすい。だからこそ欲求を煽ってくるような環境からは積 極的に離れ、意識して必要なもの以外を持たないようにしている。強くいられ ないのだから、流された結果良い状況に陥いってしまうような状況を作り出す ようにしている。例えば、日常に流された結果として毎日仕事を頑張ってして しまうとか、習慣に流された結果として野菜中心の食生活になるとか、そういっ たことだ。今は社会自体が豊かだから、欲求を煽ってくるようなものが身の周 りに溢れている。この煽りに晒されると、その欲求から抗えない。だから煽っ てくるようなものから距離を置いたほうがよい。日々の生活で必要なものはそ んなところにはないし、欲求を煽られて一時的に満たされたとしても、そこに は長期的に見た時の自分が欲しいと思える実りはないことは明白だ。

今すべきことに対してピントを合わせるとが大切だ。様々な煽りを受けてぐる ぐると目が回っている状態では、ピントを合わせるなんて不可能になってしま う。そんな状況にならないように、そういう状況になったらすぐに気付いて軌 道修正できるように、これからも日々の生活を見直していこうと思う。