Modify fontset NAME to use FONT-SPEC for TARGET characters.

FONT-SPECを使うこと フォントセットNAMEを変更する TARGET文字列のために

TARGETで指定した文字にFONT-SPECで指定したフォントスペック FONT-SPECをターゲットキャラクタに使用するようにフォントセット NAME を変更します。

フォントセットNAMEがFONT-SPECを TARGET文字にFONT-SPECを使用するようにフォントセットNAMEを変更します。

NAME is a fontset name (a string), nil for the fontset of FRAME, or t for the default fontset.

NAMEはフォントセット名(文字列)、FRAMEのフォントセットの場合はnil、デフォルトのフォントセットの場合はtです。

TARGET may be a single character to use FONT-SPEC for.

TARGETは、FONT-SPECを使用する単一の文字である可能性があります。

TARGET may be a cons (FROM . TO), where FROM and TO are characters. In that case, use FONT-SPEC for all the characters in the range between FROM and TO (inclusive).

TARGETは短所(FROM。TO)である可能性があり、FROMとTOは文字です。その場合、FROMからTOまでの範囲のすべての文字にFONT-SPECを使用してください。

TARGET may be a script symbol. In that case, use FONT-SPEC for all the characters that belong to the script. See the variable `script-representative-chars' for the list of known scripts.

TARGETはスクリプトシンボルである可能性があります。その場合、スクリプトに属するすべての文字にFONT-SPECを使用してください。既知のスクリプトのリストについては、変数 `script-representative-chars 'を参照してください。

TARGET may be a charset. In that case, use FONT-SPEC for all the characters in the charset. See `list-character-sets' and `list-charset-chars' for the list of character sets and their characters.

TARGETは文字セットである可能性があります。その場合、文字セット内のすべての文字にFONT-SPECを使用します。文字セットとその文字のリストについては、「list-character-sets」および「list-charset-chars」を参照してください。

TARGET may be nil. In that case, use FONT-SPEC for any character for which no font-spec is specified.

TARGETはゼロの場合があります。その場合、font-specが指定されていない文字にはFONT-SPECを使用してください。

FONT-SPEC may one of these:

  • A font-spec object made by the function `font-spec' (which see).

  • A cons (FAMILY . REGISTRY), where FAMILY is a font family name and REGISTRY is a font registry name. FAMILY may contain foundry name, and REGISTRY may contain encoding name.

  • A font name string.

  • nil, which explicitly specifies that there's no font for TARGET.

FONT-SPECは、次のいずれかになります。:

  • 関数 `font-spec '(参照)によって作成されたfont-specオブジェクト。

  • 短所(FAMILY。REGISTRY)。ここで、FAMILYはフォントのファミリ名であり、REGISTRYはフォントのレジストリ名です。 FAMILYにはファウンドリ名が含まれる場合があり、REGISTRYにはエンコーディング名が含まれる場合があります。

  • フォント名の文字列。

  • nil。TARGETのフォントがないことを明示的に指定します。

Optional 4th argument FRAME is a frame, or nil for the selected frame, to be considered in the case that NAME is nil.

オプションの4番目の引数FRAMEは、NAMEがnilの場合に考慮されるフレーム、または選択されたフレームのnilです。

Optional 5th argument ADD, if non-nil, specifies how to add FONT-SPEC to the previously set font specifications for TARGET. If it is `prepend', FONT-SPEC is prepended. If it is `append', FONT-SPEC is appended. By default, FONT-SPEC overrides the previous settings.

オプションの5番目の引数ADDは、nil以外の場合、以前に設定されたTARGETのフォント仕様にFONT-SPECを追加する方法を指定します。 `prepend 'の場合、FONT-SPECが付加されます。 `append 'の場合、FONT-SPECが追加されます。デフォルトでは、FONT-SPECは以前の設定を上書きします。