6日間、緊急事態での臨戦体制で過した。締め切りに追われることはしばしば あれど、緊急事態の状況になることはしばらくなかった。久しぶりに舌がピリ ピリした。もしかしたら6日間という長期間を臨戦体制で過すという経験自体 実は初めてだったかもしれない。6日間と言えばほぼ1週間だ。何度もワークア ラウンドをした。傷だらけになった気がする。でも貴重な体験をしたと思う。 自分自身の成長も感じられた。落ち着いたら、このことについて忘れないよう に振りかえりたいと思う。

いろんな批判をいただいた時の言葉をしばしば思い出す。ワナビーだの、生産 性が低いだの、クソコードだのいろいろと言われた。すべて事実だと思う。も ちろんそれも選択した結果であり、理由があってそうなった。ひとつひとつ反 論したくもなるが、反論してもただの言い訳であって、自分への気休めになる だけだ。長くいるといろいろと言われることも多くなる。しかも自分の立場は 弱いままだから、なおさら言いやすいのだろう。今の状況は、どこでも好きな 場所に行けるし仕事を選ぶこともできる。それでもそこに居続けるのには理由 がある。心機一転するのもよいが、そうしないことにより得られる学びの方が 大きいように思える。継続しそれを見て、改善を出来る範囲で続けていく。そ のサイクルに学びがあるように思える。