これまでに何冊かの書籍の制作に関わった。 作ったものを世に出すことは大きな達成感を得られる一方で、 やり残したことはなかったか、勘違いや間違いはないかなど、 今考えてもどうしようもないことに思考が巡ってしまい、 考えがまとまらなくなることがある。 その都度ベストは尽しているから本当にどうしようもないんだけれど。 これは思考の癖のようなものだと思う。