process-environmentという変数に適応する環境変数のリストが収められている。 それをletなどで上書きした状態でmake-processすれば、その環境変数が設定された状態で子プロセスが生成される。

(let ((process-environment (cons "TESTING=foo" process-environment)))
  (make-process :name "testing"
		:buffer (get-buffer-create "*TESTING*")
		:command '("sh" "-c" "echo $TESTING")))

バッファには次のように出力される。

foo

Process testing finished
*TESTING* バッファへの出力